総会 第4回

総会を終えて時間が経っていまいましたが、無事に全会一致で終了し、総会後の意見交換会も大変有意義な時間となりました。
意見交換会では、国土交通省のOBさんや長崎県のOBさん、異業種のオブザーバー参加もあり、大変盛り上がりました。
鋳田籠工法は自然環境に優しいのはもちろんのこと、災害復旧や防災工事など分野で貢献できるようにもっと啓蒙活動をしていくことで意見がまとまりました。
現場見学会では初めて800年前の鉄湯釜や河川で使用されている鋳田籠工法を見る方も多く、今まで以上にファンになっていただけたのではないでしょうか。
今期も啓蒙活動と会員増員に努力します。

PAGE TOP