説明会・現地発生材を有効活用できる技術

三原・尾道・世羅地区建設関係の皆様へ             2019(平成31)年4月8日
『現地発生材を有効活用できる技術・3工法』
~ブランチブロック・エコボックス・鋳田籠 説明会~ のご案内

昨年の西日本豪雨災害では、広島県の広範囲な地域において甚大な被害が発生しました。
多くの関係者の方々のご尽力により、復旧・復興事業が進められてきております。
しかしながら、被害を受けたインフラ(社会資本)は非常に多く、土石流災害後の対策工事や、崩壊した河川
護岸の復旧工事には、多大な労働力(エネルギー)と時間を必要としています。
本説明会では、

(1) ブランチブロックによる擁壁 : 河川護岸、短期施工、コストメリット、環境保全
(2) エコボックスによる擁壁 : 道路擁壁、逆台形式特性、コストダウンなど
(3) 鋳鉄製パネル枠かご工(鋳田籠):護床工、護岸工、省力化、一体構造、魚巣空間

について紹介します
今後数年間で進められる災害復旧において、有効にご活用いただき、復旧・復興へ向けての一助になれば
と思い説明会を開催いたします。 ご多忙中とは存じますが奮ってご参加いただきたくご案内申し上げます。

■日 時:平成31年4月23日(火)14:00~15:00(各技術20分) 15:00~15:30(質疑応答)

■会 場:三原市芸術文化センター(ポポロ)・会議室 (三原市宮浦2丁目)

■プログラム
第一部 講師 今井 正直 (全国ボックスウオール協会事務局(ランデス㈱))
演題 『エコボックス製品による道路擁壁工』

第二部 講師 松村 憲吾 (鋳田籠工法協会事務局)
演題 『鋳鉄製パネル枠かご工法による護床工、護岸工』

第三部 講師 石村 玄二 (ブランチブロック工法協会事務局(㈱高環境エンジニアリング))
演題 『ブランチブロック工法による河川護岸工』

■共催:全国ボックスウオール協会、鋳田籠工法協会

■後援:株式会社フジタ、極東興和株式会社、キョクトウ高宮株式会社

■参加申込
1) 申 込:ブランチブロック工法協会事務局 (申込:FAX 03-5413-2228 )
2) 定 員: 各40名程度 参加費:無料

■配布資料:会場でお渡しいたします。
1)ブランチブロック工法
・施工・積算・設計マニュアル他
2)エコボックス擁壁
・施工事例集、その他技術資料他
3)鋳鉄製パネル枠かご工法
・技術説明資料、パンフレット他

以 上

申込用紙、資料ダウンロード
http://www.chutaro.info/miharakure.pdf

PAGE TOP