災害・応急復旧・防災・減災

施工実績400件中、災害による崩壊はゼロ件!設計流速 12.9m/s
※ご質問や詳しい資料等は個別にお気軽にお問い合わせください。

下記より資料をPDFファイルにてダウンロードをしていただくことができます。

鋳田籠が災害復旧に向いている5つの理由
①最短2日工期
②省人化
③現地発生材を中詰め材として使用可
④仮設工事なし・大型重機不要
⑤強度があり崩落石の防護柵として

ダクタイル鋳鉄とは?

(社)全国防災協会発行【美しい山河を守る災害復旧基本方針】
P.68 「設計流速」について
設計流速資料

比較表 ― パネル枠工.・類似品他社

比較表 ― 河川 護岸工法一覧表
鋳鉄製パネル枠工法・鋼製枠・大型カゴ護岸・環境保全型ブロック積工・ 他 比較表

比較表 ― 護床・根固め工一覧
鋳鉄製パネル枠工法・ストーンマット工法・コンクリート護床ブロック

比較表 ― 鋼製自在枠比較表

比較表 ― 法覆工工法
鋳鉄製パネル枠工法・フリーロック工法・ストーンマット工法

比較表 ― ライフサイクル&ピリオドコスト
鋳鉄製パネル枠工法・ふとん籠・護床ブロック ※重要資料

施工手順
施工動画。
施工動画。バックホウで石詰め可能。施工が早く簡単です。

落石防護工実大規模衝撃実験・・・岐阜大学工学部地盤工学八嶋沢田研究室
※実験結果の資料は、「岐阜大学工学部 環境共生型土砂災害」で検索をするとPDFファイルで資料をご覧いただくことができます。

■□■ 災害復旧施工実績集 ■□■

災害・防災・減災実績 45件以上

◆ 2018年西日本豪雨後の現場
干ヶ場外単独河川改修(臨債)工事 平成30年7月西日本豪雨後写真掲載
葉山ヶ瀬地区防災減災事業施工事例 平成30年7月西日本豪雨後写真掲載
片山川単独砂防改良工事 平成30年7月西日本豪雨後写真掲載
久兼川河川局部改良工事

◆2009年防府集中豪雨後の現場
久兼川上流の土石流の様子[外部リンク]
2001年久兼川河川局部改良工事
17年後 久兼川水中の様子〔動画〕
17年後 久兼川魚が鋳田籠から出てきて泳ぐ〔動画〕

◆ 2017年度施工実績

角屋川災害復旧工事施工事例大雨で川底が深堀れして、さらに民家の下にある護岸の下部が洗掘
葉山ヶ瀬地区防災減災事業施工事例昭和 49 年に設置された鋼製起伏ゲートの改修工事
三隅川単独河川改修(臨債)工事感潮区域で劣化しやすい環境 止水せず施工
一般県道扇山公園線道路災害防除工事沢からの流出土砂が多く、道路に土砂が流れる。敷地の問題で
コンクリート擁壁での施工が出来なかった
干ヶ場外単独河川改修(臨債)工事落差工の上流が深く掘れていた
立石川災害復旧工事第1工区深掘れしていた

◆ 2016年度施工実績

土留工法面宗隣寺取付道法面復旧工事大雨で法面と取付道の下が崩れた
田屋川災害復旧工事 第1工区大雨で落差工の下流が深掘れ 平成30年7月西日本豪雨後写真掲載
農村地域防災減災事業 第1石入地区堰の下流側で止水せずに施工

◆ その他災害復旧

矢田堰頭首工災害復旧工事護床ブロックでは流されてしまうため、全体が強固に連結できる本工
法を採用
普通河川貝森川災害復旧工事平成 26 年の災害により河床が洗掘され、護岸も洗掘の恐れがあった
田中・妙見線道路法面補修工事フトンかご(亜鉛メッキ鉄線)が腐食して栗石が落下

■□■ その他施工実績 ■□■

土留工実績一覧
根固・護床工実績一覧
橋脚根固工・護岸工実績一覧


鋳田籠が災害復旧に向いている5つの理由

① 最短2日工期
② 省人化
③ 現地発生材を中詰め材として使用可
④ 仮設工事なし・大型重機不要
⑤ 強度があり崩落石の防護柵として

① 最短2日工期

組み立てが容易で工期を大幅に短縮出来る。
・工期は、 100㎡当り2日 と他の施工方法に比べて非常に短期間で施工が可能である。
・ 国土交通省NETISでは86%の工期短縮と評価 された。工期の大幅な短縮が図れるため30%以上のランニングコストの低減 が実現できる。
・ ボルトを使わないシンプルな連結金具を使用する本工法は、 組立て及び解体が容易 に行えるため、復旧工事には仮設として利用し、本工事の際には土留工、谷止工として 再利用 できる。

② 省人化

・大型のクレーンやトラック等の重機が必要ない。
・鋳田籠パネルは1枚が 最大で21kg であり、 人力による組立作業 が行えるため、大型の重機や運搬車の入れない箇所でも迅速な施工が可能。
・重機に頼る作業が少ないため、 工事の安全性も向上 。
・バックホウのみでの中詰材投入が可能で 工期の大幅な短縮、省人化も図れる。
・災害時等でも少人数での復旧作業が行える。

組立が容易で人力による組立が可能                 バックホウによる砕石投入

③ 現地発生材を中詰め材として使用可

・被災地では大量の土砂や落石が発生していますが、本工法は中詰材としてその 現地発生材を使用することで撤去運搬の省力化が図れ、処分費用も抑える ことが可能。
・本工法はカゴ工法の一つですが、 蓋なし底なしの形状 を特徴としており、洗掘を受けた際に 中詰材が追随 するため、 施工後のメンテナンスが容易 。

④ 仮設工事なし・大型重機不要

・大型のクレーンやトラック等の重機が必要なく、災害現場までの仮設工事が不要。
・ 止水せず に工事が可能。
・鋳田籠パネルは1枚が 最大で21kg であり、 人力による組立作業 が行えるため、大型の重機や
運搬車の入れない箇所で 小型バックホウ1台あれば施工が可能。

⑤ 強度があり崩落石の防護柵として

・同素材のクサビで連結することで多量の組み合わせでも 1体構造物としての強度が実現でき、現場に応じて形状変化の自由度が高い。
設置形状により強度が不足する場合には 連結クサビを増加させ補強が容易 である。
・ 崩落石の防護柵 としての役割も果たす。
*岐阜大学による石の崩落を想定した衝撃試験の評価あり。
※参考資料あり
http://www1.gifu-u.ac.jp/~geotech/material/rakuseki.pdf
国土交通省建設技術研究開発助成により、「環境共生型土砂災害防御システムの開発」を目途として、公開実験を実施しました。
(岐阜大学工学部社会基盤工学科)
多孔質な構造が形成でき,内部に水圧が蓄積しない。
施工時間を短くできる。
地形に追従した設計が可能であり,衝撃荷重を分散しやすい。

関連記事

  1. タグタイル鋳鉄 パネル工法





PAGE TOP