鋳田籠工法他 比較

 
鋳田籠(ちゅうたろう)
かごマット工法
練石積工法
環境
への
影響
・鋳鉄の含む鉄分・ミネラルが生物・植物に有効である。
・枠が強固なため、石の空隙のコントロールが可能である。(自由な多孔空間を形成可能)
・植生の早期回復が可能である。
・メッキ等の有機質は植生物にとって良いとは言えない。
・多孔質な空間はできるが、空隙のコントロールはできない。
・植生の早期回復が可能である。
・多孔質な空間はできない。植生は難しい。
・または生物の食物連鎖が図れない。
経済
・施工コストは練石積工法とほぼ同等である。但し、工期は短く、耐久性を含めた経済性は高い。・施工コストは安価である。
・耐久性は劣るものの、30年をめどとしており、経済性は高い。
・施工コストは鋳鉄製パネル枠組み工法と同等である。但し、施工期間は長く、完全止水も必要となる。
・耐久性は高い。
設計上の構造・強度・強度・耐久性(構造体・単体パネル)があり、施工場所を選ばない。
・仮設及び本護岸に適用可能である。
・流速6.5m/s以下の河川に適用される。
・強い酸性または高塩分濃度の河川、人頭大の転石のある河川は使用不可である。
・流速5.0m/s以上の河川で適用。
・透水性が低いため、背面から水圧を受けやすい。

関連記事

  1. タグタイル鋳鉄 パネル工法





PAGE TOP